初恋 18 手を握られる

photo-manipulation-1825450_640.jpg


裕哉「映画館に来ると必ず食べたくなっちゃうんだよね。」

そう言って、裕哉先輩が私の分もポップコーンを購入してくれた。

裕哉「はいっ」

私「ありがとうございます。」

私達は中央の席を選んだ。
4人並んで裕哉先輩、私、美雪、和幸先輩、の順に座った。

席についてすぐ、先輩が

裕哉「今日の服似合ってるよ。可愛いね。」

と褒めてくれた。

私は恥ずかしくて、まともに先輩の顔が見られなくなってしまった。


可愛いって褒めてくれた… 嬉しい…


少し照明が暗くなり、近日公開予定の映画の予告編が始まった。
先輩が、 『この映画もみてみたい、この映画は面白くなさそう。この映画は… 』と言う度に私に顔を近づけてくる。

うわーっ ドキドキしちゃう。
不幸中の幸いで、赤面していたけど、劇場内が薄暗いからバレなくて良かった。


更に暗くなり、いよいよ本編が始まる。

肘掛けに手を乗せている先輩と少し手が触れた。

そうしたら な、なんと、先輩が手を握ってきた

先輩の方をちらっと見ると、ニコッと笑ってくれた。

緊張しすぎて繋いでいる手が、段々汗をかき始めた。

私 手に汗かいているよ。先輩 嫌じゃないかな? 大丈夫かな?

これじゃ映画の内容が全く頭に入ってこないよ。


美雪の方をちらっと見てみた。

美雪も和幸先輩と手を繋いでいる。
時々楽しそうに二人共笑顔で何か会話をしていた。

余裕があるように見えて羨ましかった。


先輩が私の手を自分の足に持っていき、ジーンズの上にこすって手の汗を拭いてくれた。

きゃーっ やっぱり気づかれていたよね。 恥ずかしい… けど嬉しい

先輩が優しく微笑む。

寝不足のせいか、なんだか夢の中にいるような気分になっていた。

時間よ止まれ… 

私は心の中で繰り返しつぶやいていた。




☆2つのランキングに参加しています。押して頂けると励みになります。ポチッとお願いします。↓









20代、30代に人気の婚活パーティー |YUCO.(ユーコ)





この記事へのコメント