子供達のハロウィン2018

IMG_7471.JPG

IMAG1031.JPG

Picc.JPG


2枚の絵は、子供達が描いたものです。


私は子供達の描く絵が大好きです。


クッキーは娘と一緒に焼いて先生やお友達に配りました。


今年のハロウィンのことを忘れないうちに記しておこうと思います。


7歳の息子は、最初はあまり乗り気ではなかったのですが、お菓子が増えていく袋を見て、少しずつテンションがあがってきました。笑


4歳の娘はハロウィンが楽しみで楽しみでしょうがなかったようで、前日は中々寝付けませんでした。


しかも、いつもお寝坊さんの娘ですが、ハロウィン当日の朝はパっと目が覚めて、第一声は「ママ 今日はハロウィンだね!」でした。(笑)


越して来たばかりで、この地域のことはあまりわからないのですが、私達が住んでいるところでは「Des bonbons ou un sort !」(お菓子をくれないと魔法をかけちゃうぞ)や「Joyeuse Halloween!」( ハッピーハロウィン!)と言ってお菓子をもらっていました。

英語だと「Trick or Treat」 (お菓子をくれないといたずらするぞ!)ですね。


最近、息子は学校が終わった後や、週末はお友達と遊んでばかりなので家族行事が減ってきました。


母親としては寂しい限りですが、お友達と遊びたいという気持ちは成長の表れですし、しょうがないと自分に言い聞かせています。


なので、ハロウィンなどの行事は家族で一緒に行動出来るし、子供達の喜ぶ姿が見れるので、私達夫婦まで嬉しくなります。


娘はお菓子に夢中になってお礼をいうのを度々忘れてしまうので、息子がお兄ちゃんらしく、お礼を言わなかった時には「ちゃんとMerciって言わなきゃ駄目だよ。」と妹に言っていました。


途中、バナナの着ぐるみを着たお兄ちゃんがいて、娘は何故か笑いのツボにはまってしまったらしく、「バナナだー きゃははははー」と、大笑いしていました。


バナナのお兄ちゃんが私達の後についてくるような感じで何軒か同じ家を回っていたら、そのお兄ちゃんを見るたびに、「バナナ〜 きゃははははー」「バナナがずっとついてくる〜」と大笑いしていたので、

お兄ちゃんがちょっと気の毒になってしまいました。 

お兄ちゃんも、一緒に笑ってくれて良かったけどとても失礼な娘… 


娘は途中の道も、ハロウィンが終わった後のお風呂の中でも、翌日のお風呂の中でも、バナナの歌を歌っては、大笑いしていました。

どんだけツボにはまっているんだ…


そして、ハロウィン翌日の11月1日の娘の朝の第一声は「ハロウィン終わっちゃったね〜」でした。笑


相当、楽しかったことが伺えます。


去年なんか、どの日がハロウィンだか分からず、ハロウィン翌日も「今日もハロウィン行こう!」なんて言ってたのに、ハロウィンが終わったということが分かるなんて、成長しているんだなーと感動すると共に、寂しくもなりますね…


「子供達は、後、どのくらいハロウィンをやりたいと思ってくれるんだろうね…」 


「二人の成長をしっかり目に焼き付けておこうね…」


ハロウィンが終わった後、夫とそんな話しをしました。








☆2つのブログランキングに参加しています。押して頂けると励みになります。ポチッとお願いします。↓




人気ブログランキング



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村













この記事へのコメント